市場分析Home > 疫学、患者数予測
サイニクスの疫学

疫学データは、市場評価、売上予測、マーケティング戦略など、医薬品企業にとって重要な局面における判断材料となります。

サイニクスの強み、特徴
◆疫学のエキスパート

過去13年以上の実績があります。年間平均約50疾患の患者数予測を行い、日本・米国・欧州主要5ヶ国での調査経験があります。

◆各国のローカルデータを活用

予測に採用するデータソースは、対象国における調査・文献を採用。日本におけるデータソースはもちろん、各国のローカルデータについても「どこに」「どのような」データがあり、「どのように」活用できるかという知識があります。

◆医薬品市場での豊富な経験

医薬品市場に特化した経験に基づき、疾病の背景を理解したうえで、ビジネス上重要な切り口となる見方(例えば、組織タイプ別、重症度別など)で分析された患者数を提案します。

◆信頼性の高い疫学データ

疫学や統計学を修めた専門家が調査・分析を行います。情報収集については、国内外の政府公表統計データや、複数の文献データベース、学会抄録などを幅広く活用します。具体的には以下の活動を通して情報収集を行っています。

会員学会(国内):日本疫学会、各種がん関連学会、その他疾病別各種学会
情報収集:定期的な学会総会への参加、オピニオンリーダーへのインタビュー
二次的な情報収集:各雑誌・学会誌、文献データベースを複数購読
疫学データの有益性

サイニクスでは、さまざまなデータソースを基に、知識と経験を活かし、当該疾病に対して最適なキーワードをいくつも用いながら、より的確な情報検索を行います。また、疾病の背景や人種・地域的な差を把握するため、他国におけるデータについても検証し、必要に応じて調査対象国独自のデータとの併用を検討します。データの検証範囲としては以下の通りです。

(1)調査対象国における、性別・年齢別罹患率/有病率
(2)他国における罹患率/有病率
(3)地域差や人種差の有無
(4)将来的な年齢調整罹患率/有病率における変化
疫学データ分析 お問い合わせから納品までの流れ

サイニクスでは、さまざまなデータソースを基に、知識と経験を活かし、当該疾病に対して最適なキーワードをいくつも用いながら、より的確な情報検索を行います。また、疾病の背景や人種・地域的な差を把握するため、他国におけるデータについても検証し、必要に応じて調査対象国独自のデータとの併用を検討します。

お問い合わせ時は下記についてできる限り具体的にご連絡ください。
  • 対象疾患と必要なセグメンテーション
  • 対象国
  • 納品希望日
  • 対象薬剤/MoA
  • 調査目的
※必要に応じ、守秘義務契約を締結
ご依頼の調査が可能か、予備調査を行ったうえで、弊社より企画書を提出。その後、企画内容を説明。
調査締結後、調査を実施。
納品物は、エクセルの分析ファイルおよびパワーポイント形式のレポート。納品時には、必要に応じ、納品説明会も実施。
  • エクセルの分析ファイル
  • すべての分析の流れが明確なロジックで提供
  • パワーポイント形式のレポート
  • 分析に用いたデータソースや分析手法の説明
  • 調査の結果、得られた所見など
関連製品