Synix Oncology

SEMINAR

オンコロジー関連

The 13th キャンサー・インサイト セミナー
~ 最新学会情報を基にした薬剤開発動向と治療展望 ~

今回で13回目を迎えます本セミナーは、毎年多くの方々にご参加いただき、大変ご好評を頂いております。
がん関連学会で発表される膨大なトピックの中から、製薬企業の皆様が関心を寄せられている内容を厳選し、カンターヘルスのOncology Specialistsによる独自の分析コメントと共にハイライトをお届けします。

今後のオンコロジー市場への影響についても解説いたしますので、学会参加の有無を問わず、皆様にとって有益な情報をご提供できるものと考えております。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

日時

2018年7月26日(木)
11:00 ~17:30 (受付10:30~)予定
※長時間のセミナーとなりますので、当日は軽食を用意させて頂く予定です

会場

研究社英語センタービル 地下2階 大会議室  地図
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1-2
TEL:03-6280-8160

対象学会

ASCO(米国臨床腫瘍学会)をはじめとする学会最新情報
※オンコロジー領域全般に関するQ&Aセッションを30分程度ご用意しております

トピック

【NEW(2018/6/15更新)
先週開催されたASCO(米国臨床腫瘍学会)や最新の学会発表より、本年のトピックスが決定しました。

・I/O Biomarkers
 免疫チェックポイント阻害剤の併用療法と再治 療の考え方  

・Emerging Biomarkers
 PD-L1、TMB、HRD, NTRK、RET等の新しいバイオマーカーとNGS  

・New Trends in Unmet Need Tumors
 胃がん、膵臓がん、メルケル細胞がん、肝細胞がんにおける新たな開発動向  

・Non-Small Cell Lung Cancer
 ドライバー変異のない肺がんにおける 1stラインの治療選択とシーケンス治療  

・Prostate
 nmCRPCおよびmCRPCにおける薬剤の開発動向  

・Multiple Myeloma
 変化する多発性骨髄腫の1stライン薬物療法とCAR-T療法の動向

演者

カンターヘルス Oncology Specialists
※ 当日は同時通訳をご用意しております。資料は英語印刷物のみのご提供となりますのでご留意ください。

参加料

42,000 円(税込)
事前振込み または 企業様宛直接請求によるお支払いをお願いいたします(クレジット不可。当日現金不可)

申込締切り

定員(40名)になり次第、締切らせて頂きます
(参加者は医薬品およびバイオ企業従事者とさせていただきます。)

お問い合わせ

サイニクス株式会社(担当:勝又、村上)
電話:03-6280-8160
E-Mail:oncology@synix.co.jp

サイニクス株式会社は、Kantar Healthのパートナー企業であり、日本におけるCancerMPactM®、CancerLandscape™、Epi Database®およびForecast Architect®の総代理店として製品の販売・サポートを行っています。

セミナー申し込み

下記フォームに必要事項をご記入の上、登録してください。
後日弊社よりセミナーの案内をお送りさせていただきます。

送信後、oncology@synix.co.jp よりメールが届きます。
本メールアドレスが迷惑メールフォルダに格納される可能性がございますので、メールアドレスのご登録をお願いいたします。

セミナーお申込みフォーム
日本語でご入力ください。Please fill out the application form.
必須入力項目 / required

Name

Company

Division

E-Mail

Address

Telephone

Message

※いただきましたご意見は参考とさせていただきます。
必ずしもご意見が反映されるとは限りませんことを予めご了承ください。

セミナー参加費について任意入力

「はい」をご選択の方は、領収書に記載する宛名を入力してください。

「別の住所」をご選択の方は、下記に送付先住所を入力してください。

・住所



・御名前 / 部署名

※キャンセルは2018年7月12日までにお願いいたします。2018年7月12日以降のキャンセルはお受けできかねますので、
ご予定をご確認のうえお手続き下さい。一旦お振込み頂いた参加費はご返金いたしかねますのでご留意ください。
当日急遽ご欠席される場合は、ご一報の上、代理の方にご参加いただくか、セミナー終了後に資料を発送させていただきます。

サービス SERVICES

~ 「気づき」がすべての原点 ~