Synix Oncology
Synix Oncology

ACADEMIA & SCIENTIFIC INVOLVEMENT

~ より精度の高い情報やデータをご提供するために ~

厚生労働省の研究事業への参加や研究・論文の発表、外部シンポジウムなどでの講演など、幅広く活動を行っています。
これらの活動を通じて、最新かつ最善のデータ選択に必要な知識を身に着け、より精度の高い情報やデータをお届けします。

 

Japan Cancer Registry(全国がん登録関連)

サイニクスでは2017年より厚生労働省 科学研究費補助金 がん対策推進総合研究事業に参加し、研究班の一員として製薬業界におけるがん登録情報の利用実態や利用ニーズ、要望等を調査。その成果を論文として発表しています(詳細はこちら

 

 

Other Activities(その他の活動)

|| 外部講演・メディア掲載

2013年

  • 地域がん登録全国協議会 20周年記念シンポジウムの企業セミナーにて
    テーマ:「がん疫学データの医療用医薬品事業性評価への活用」(講演内容はこちら

2019年

  • 日本医師会、日本がん登録協議会共催「Symposium2019 がん統計の活用と未来」にて
    テーマ:『製薬企業が求める情報とは』(講演動画はこちら / 講演抄録はこちら
  • 医薬ライセンシング協会 第291回定例会にて
    テーマ―:『患者数予測の盲点 ~その疾患、本当に増えている?』

2020年

  • 日本がん登録協議会 第29回 学術集会 「がん登録からがん対策への期待」にて
    テーマ:『全国がん登録の情報利用:今後広がる民間利用における課題と展望』(学術集会についてはこちら
  • 第95回ファルマミーティング春季例会にて
    テーマ―:『ターゲット市場と患者数予測 ~市場規模を見誤らない~』

2021年

  • 日本がん登録協議会 第30回学術集会「がん登録を支える技術」 市民公開講座(特別講演)にて
    テーマ:『企業のニーズ』(学術集会についてはこちら / 学会参加報告および講演についてはこちら