米国臨床腫瘍学会 (ASCO) 2022 注目データ ~ オンコロジーコンサルタントが解説

米国臨床腫瘍学会(ASCO)が、米国時間6月3日から4日間にわたり開催されました。過去2年は、新型コロナ感染拡大の影響でオンライン開催となりましたが、今年はハイブリット開催となりました。Plenary Sessionでは、Destiney-Breast 04試験発表後、会場は大きな盛り上がりをみせ、ASCOがシカゴに戻ってきた熱気が感じられました。今回のサイニクス オンコロジーニュースレターでは、ASCO 2022から弊社サイニクスのパートナーであるCerner Enviza℠ オンコロジーコンサルタントが特に注目した講演トピックをお届けします!

なお、7月27日(水)・28日(木)には『最新のオンコロジー学会からみる薬剤開発と治療展望 -Evolving Trends in Oncology』を開催します。ASCO、AACRなど最新のオンコロジー学会の発表内容を踏まえ、薬剤開発への影響や今後の治療展望について注目のトピックでお届けする予定です(詳細はこちら)。ぜひ皆様奮ってご参加ください。

ASCO 2022 注目トピック オンコロジースペシャリストのレポートはこちらから!

トラスツズマブ デルクステカン(T-DXd)が切り開く新たな治療セグメントHER2低発現乳がん OS、PFSに加え、増悪・死亡リスクを低減
DESTINY-Breast04試験の詳細

オンコロジー スペシャリスト ASCO 2022 トラスツズマブ デルクステカン HER2低発現乳がん Breast04試験

Alejandro Noval, Ph.D.

Consultant, Oncology & Specialty Therapeutics

Jesse Cohn, Ph.D.

Associate Consultant, Oncology & Specialty Therapeutics

複数治療歴のある難治性DLBCLでGlofitamabが高い奏効率、完全寛解率を達成
ピボタル試験の詳細

オンコロジースペシャリスト ASCO 2022 難治性DLBCL ピボタル試験

Ian Love, Ph.D.

Consultant, Oncology & Specialty Therapeutics

Sheri McClerklin, Ph.D.

Associate Consultant, Oncology & Specialty Therapeutics

JAK阻害剤治療歴のある骨髄線維症でmomelotinibが主要評価項目を達成
MOMENTUM試験の詳細

サイニクス がん オンコロジー 薬剤開発 ASCO 2022

Carrie Wahlman, Ph.D.

Associate Consultant, Oncology & Specialty Therapeutics

Lauren Howell, Ph.D.

Associate Consultant, Oncology & Specialty Therapeutics

編集後記

ハイブリッド開催となった今年のASCOには、会場にも多くの関係者が参加し、Cerner Envizaコンサルタントも約50名が現地にて最新の情報を集め分析を行いました。本ニュースレター冒頭の注目トピックDESTINY-Breast04の発表は、スタンディングオベーションで終わり、大きな成果への称賛と今後のたゆまぬ挑戦への覚悟が感じ取れました。弊社も微力ながら更なるオンコロジー治療の発展に貢献できるよう努めて参ります。今後ともどうぞよろしくお願いします。


関連記事

▶ 2022/5/30 掲載(Link
2022年5月25日にオンコロジースペシャリストが注目のトピックをご紹介する「ASCO 2022 Preview Webinar」が開催されました。オンデマンドにてご視聴いただけます。