過去から現在までの膨大な治療データの分析ツールです。Treatment Architectureで提供している約30がん種の治療形態、薬剤の使用傾向からバイオマーカー検査状況まで、全調査データを収載しています。

オンコロジー総合データベース 「 CancerMPact®
最新の市場規模、治療動向、開発動向をご提供

サイニクス オンコロジー がん

戦略立案の基礎データとして、
研究開発から上市後の市場評価まで幅広い業務で活用可能

CancerMPact®が提供する5モジュールとその特徴

静的オーバーレイ

治療動向

NEWTreatment Architecture Trendsの特徴

過去から未来のトレンドを読み解く

過去の治療の把握を始め、現在の潜在的な課題や、今後起こりえる脅威、新薬の標準治療への影響度分析の基礎データとしてご活用

情報に基づいた戦略立案・意思決定

過去のイベントを基に、市場予測における浸透傾向など、より情報に基づいた信頼性の高い将来予測が可能

効率的な分析を可能に

各年の治療を反映した調査結果は、経年比較できるように標準化

膨大な治療データを可視化

BIツール (Tableau)およびMicrosoft Excel にて提供

静的オーバーレイ

治療動向

Treatment Architectureの特徴

治療の全体像を網羅

全ステージ、組織型別、バイオマーカー毎の治療形態をはじめ、アンメットメディカルニーズも提供

製薬企業の視点で分析

処方割合だけでなく、ライン移行率、移行期間など売上予測等に必要なデータを網羅

最新の臨床を反映したレポート

変化の著しい市場に対応すべく、毎年調査票の見通しを行い、新薬の影響、治療ガイドラインの変更を反映

競合品分析をサポート

標準治療薬の臨床試験結果も掲載

グローバルの開発・戦略立案をサポート

各国で統一された調査票を基に実施。地域間で異なる治療動向の比較が可能。グローバルでのコミュニケーションを効率化

静的オーバーレイ

開発動向

CancerLandscapeの特徴

オンコロジー領域の開発全体を網羅

早期Phaseから市販後調査まで、オンコロジー領域の開発全体を網羅した治験データベース

オンコロジーに特化した検索フィルターを搭載

ライン、バイオマーカー、作用機序などオンコロジー領域に特化した検索フィルターを搭載。膨大な臨床試験情報から、対象となる適応症の開発動向、競合情報をより的確に抽出する事が可能

クリーンで、標準化された治験データを収載

治験サイトの登録者によって表現が統一されていない。
CancerLandscapeでは、オンコロジースペシャリストが治験情報を分類・精査した上でデータ収載

最新の開発動向を「見るべき角度」で情報整理

対象となるがん種、適応症の全体像を把握するダッシュボード、競合製品の詳細情報を把握するダッシュボードで開発動向を情報整理

静的オーバーレイ

開発動向

Future Trends and Insightsの特徴

開発薬剤の標準治療への影響を分析

学会、News Release、KOLインタビューを基にOncology Specialistsが薬剤の開発状況、標準治療への影響度を分析した将来展望を掲載

膨大な薬剤の開発動向を整理

Pivotal試験で開発が進む薬剤にフォーカスし、最新の開発動向を提供。売上予測の将来イベントで加味するべき薬剤情報を整理して提供

国内外の学会より得られる最新情報を反映

国内外で開催されるオンコロジー領域における主要学会へ参加し、薬剤の開発動向に関する情報収集
ASCO(American Society of Clinical Oncology)
AACR(American Association for Cancer Research)
SABCS(San Antonio Breast Cancer Symposium)
ESMO(European Society for Medical Oncology)
JSMO(Japanese Society of Medical Oncology)
JSCO(Japanese Society of Clinical Oncology)
JSH(Japanese Society of Hematology)
ASH(American Society of Hematology)
など

静的オーバーレイ

疫学

Patient Metricsの特徴

人口動態を加味した将来予測

疫病率、人口動態の変化を加味した2050年までの患者数を提供

再発患者数の分析

罹患患者数だけでなく、進行・再発率を加味し、薬物治療患者数を分析

ライン別薬物治療患者数を提供

バイオマーカー別の薬物治療患者数など、昨今の市場評価で必要となるデータを網羅

ローカルデータソース

各国で報告されるがん登録、文献などローカルデータソースをがんの疫学専門家が分析

previous arrow
next arrow

CancerMPact🄬 は、オンコロジー領域における戦略立案の「鍵」

CancerMPact🄬 の信頼性

CancerMPactは信頼性の高いデータソースとして厚生労働省、学会、論文など様々な場面でご活用いただいています。

※年間または累積

CancerMPact🄬を用いた学術論文

関連記事

  • 2024/3/27(Link
    『がん治療の最新動向 2024 ~ Treatment Architecture Japan 2023年調査版ハイライトセミナー』(2024年3月27日)
    2023年に調査を実施したがん種からレジメンシェア(ライン別/バイオマーカー別/組織タイプ別)の経年での変化や欧米や中国との治療体系の比較、また、がん種ごとの注目ポイントや今後の展望についてオンコロジースペシャリストが解説しました。
  • 2023/11/9 (Link)
    『ダイアリー調査による詳細な治療実態を適応症別にご提供「Oncology Market Tracker」』
    「 CancerMPact® 」に5つ目のモジュールとして新たに「Oncology Market Tracker」が誕生します。ダイアリー調査による詳細な治療実態を適応症別にご提供 (マーケットシェア、薬剤別の患者属性など)します。
  • 2023/10/27(Link
    『胆道がんの治療動向・開発動向・疫学データ 追加!』
  • 2023/10/24(Link
    『オンコロジーで勝ち抜くためのデータアナリシス ~膨大な開発品の情報収集・構築・アセスメントの効率化』セミナー(2023年10月24日)
    競合品分析で重要となる薬剤・開発情報の切り口、競合品の影響度、強み、弱みの分析、自社品との差別化ポイントと比較方法、治験情報の収集・精査・補填・構築方法などについてオンコロジースペシャリストが解説しました。
  • 2022/11/1(Link
    『日本試験を追加!オンコロジー治験データベース「CancerLandscape」
    新たに日本の臨床試験情報サイトをデータソースに追加し、日本のみで開発されている薬剤、試験に関する情報も把握可能になります。米国(ClinicalTrials.gov)、欧州(EU Clinical Trials Register)とあわせ、世界で登録されているオンコロジー領域の試験にアクセスいただけます。
  • 2022/09
    『激変のオンコロジー市場とCancerMPact® の20年』~ ミクスOnline・Monthlyミクス掲載記事掲載のご紹介Link
    『激変の20年 ~ オンコロジーの過去と未来 ~ CancerMPact 20周年 特別企画セミナー (2022年10月17日)Link
    元製薬企業OBUヘッド、腫瘍内科医、がん登録・疫学研究の専門家5名にオンコロジー領域における20年を振り返って頂きつつ、今後の展望についてお話を頂きました。
サイニクス オンコロジー がん