CancerMPact🄬 販売開始から20周年のご挨拶と御礼

お客様各位

時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

お陰様で、本年でCancerMPact🄬(キャンサー・インパクト)は販売開始から20周年を迎えることができました。この記念すべき20年という節目の年を迎えることができましたのも、多くのお客様のご支援、ご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。 â€‹

CancerMPact🄬は2002年に販売開始して以来、激しく変化するオンコロジー市場の「今」をお届けするために、日々進化し続けています。

20年前に姉妹製品のEpi Database🄬(エピ・データベース)のオンコロジー版として生まれたPatient Metrics(前CancerMETRICS )、2015年にTreatment ArchitectureとFuture Trends and Insightsが加わり、2019年にはCancerLandscapeも仲間入りを果たしました。まさに、市場評価に必要な情報をワンストップでお届けできる「がんの総合データベース」となりました。

今では日本国内で30社以上、グローバルでは70社ほどが上市戦略、LCM戦略、導入品評価、売上予測等の戦略立案の基礎データとしてご活用頂いております。

これもひとえにユーザーの皆様からの忌憚のないご意見や改善へのリクエストによるものと存じます。CancerMPact🄬はまさしくお客様に育てて頂いた製品でございます。

次の20年間も疫学分析や売上予測、開発・治療動向などの幅広い市場分析を通して、製薬企業のパートナーとしてオンコロジー領域におけるサポートとソリューションをご提供するべく、社員一同、より一層精進してまいる所存でございます。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。​

サイニクス株式会社​
代表取締役社長​
ビクター・L・シュレンゼル